リフォームキッチン

リフォームキッチンの進め方マニュアル

女性にとってキッチン周りはお家の中でも一番気になるところでもあり、一番大切な場所ではないのでしょうか。

 

特に既婚女性にとっては毎日使い、色々な個所が気になりませんか?

 

収納がもっと欲しい

シンクを広くしたい

ガスコンロを新しくしたい

水洗をシャワータイプにしたい

 

など様々な事が気になり、改善したいと思う女性は沢山います。

 

こんな願いを叶えてくれるのがリフォームキッチンなのです!今のお住まいの形状にもよりますが、ほぼ思い通りのキッチンに生まれ変わります。

 

では具体的にキッチンを変えたいといっても沢山の種類がありますので順を追って説明していきます。

 

キッチンといってもタイプは大まかに2つに分かれます。

 

セクショナルキッチン

 

広告1

収納扉・ガスコンロ代・調理板・流し台などが単体のもので、繋ぎ目があるものです。システムキッチンよりデザイン性が劣ります。システムキッチンより安価になるのも特徴です。

 

システムキッチン

 

広告1

収納扉・ガスコンロ代・調理板・流し台など、台所の装備が一体型となっているものです。
デザイン性に長けていて、繋ぎ目がないので見た目がすっきりしてオシャレです。最近では食器洗浄機なども一体化に「なったものもあります。

 

このように大まかに2つに分かれます。

 

リフォームキッチンを考えている方のお家では、賃貸マンションでは無いのでセクショナルキッチン仕様になっている方はかなり少ないと思います。

 

それでは主流のシステムキッチンのタイプを説明します。

 

大まかに5タイプになりますが、今住んでいるお家の形状によっては設置できないものもあります。
また設置するにあたって、間取り変更・水道管の移動等などで大がかりな工事になることもありますので、基本は今と同じタイプの形のものを選べば費用を安く抑えられるでしょう。

 

またどうしても他のタイプのキッチンにしたいとなれば、リフォーム会社に相談をしてくださいね。

 

いかがでしょうか??

 

それぞれ特徴があるので悩むところですよね? 気が済むまで悩んでくださいw

 

私は悩めるだけ羨ましいです!

 

 

しかし浮かれているのをちょっとだけやめてください。リフォームキッチンをする時に一つだけ注意する事があります。

 

 

それはリフォーム工事をする会社選びです。

 

それは、リフォームをする時に一番キッチンが価格に差がでてしますのです。詳しい説明は他の項目で説明します。

 

 

例えば、II型(二列型)キッチンに変えようと思い、4社にリフォーム見積もりを取ったところ、52万円の差が出た事例もあります!

 

しかも同じメーカの同じ品番での話です!

 

A社 65万円

 

B社 72万円

 

C社 117万円

 

D社 81万円

 

 

A社とC社ではなんと52万円も差が出てしまいました! 怖いですよね・・・

 

キッチンはリフォームの中でも、難しい工事になります。それは、設置スペース・水道管・ガス管などの関係が絡み、業種がたくさん絡む為です。

 

★他項目で説明

 

 

因みにこの場合のリフォーム会社の詳細は以下の通りです。

 

 

A社 65万円 
※インターネットで探した業者

 

B社 77万円
※知り合いのリフォーム会社

 

 

C社 117万円
※知人に紹介されたリフォーム会社

 

 

D社 81万円
※インターネットで探した業者

 

 

経済的によほど余裕があればいいと思いますが、同じ工事でこれだけの差が出てしまいます。

 

よくあるのが知り合いの会社なので安心だとおっしゃる方も多いですが、いざ見積もり価格を比べてみるとかなりの差が出る事も珍しくありません。

 

最近では、簡単な入力で複数のリフォーム会社の見積もりを簡単に手に入りますので無料見積もり一括サイトを活用する事をオススメします。

 

まとめ

キッチンのリフォームは決して安いものではありません。またリフォームの中でも価格に差がでる個所なので最低でもを4社〜5社ほど取ってください。
特にマンションリフォームの場合は特にです。
無料一括見積もりサイトを利用して、貰った見積もりを知り合いのリフォーム会社に提示して値引き交渉をするのもいいかも知れませんね。

 

ぶっちゃけ無料なのでキッチンリフォームの相場を知るだけでも使えますしねw

 

一括見積もりサイトを利用しよう!

 

一括見積もりサイトはむちゃくちゃ便利です。

広告1

自分の自宅付近の内装会社を約三社〜五社ぐらいを紹介してくれるのです。

 

つまり、簡単な申し込みで五社ぐらいの見積もりを無料で分ってしますのです。ほとんどの人はリフォームするときには内装会社の知り合いはいません。せいぜい、一件ぐらい知っているぐらいではありませんか?

 

私は知り合いはいませんww

 

この内装会社を探すだけでも苦労するのに、その探した会社に一件づつに同じ説明をするのです・・想像しただけでもメンドクサイデス。

 

いち早く一括見積もりサイトを利用しましょう。 

 

 

キッチンのリフォームはハッキリ言ってリフォーム金額が高いです。間違っても失敗の工事をしたり、後悔をしたくありませんよね?

 

そこでどうしたら良いか・・・・

 

まずは、色々なリフォーム会社の見積もりを取る必要があります。キッチン工事はリフォームn中でも特に難しい工事といえますので失敗が少なくありません。

 

なぜ失敗が少なくないかというと水周りということです。しかもキッチンはリビングの床と設置していることもあり色々な面で繊細な工事です。経験豊富な業者に任せなければ安心できません。

 

そこでリフォーム会社を選ぶポイントは、金額が安い会社。

 

次はキッチンリフォームに沢山の工事をしたことがあるか。

 

経験は豊かなのか?

 

などをしっかり判断しなければいけません。

 

しかし・・・・・

 

そんな事は素人では分かりませんので専門家等に判断をしてもらうのがいいでしょう。

 

★失敗例

 

@ 思っていた色や形では無かった。

 

これは最悪ですね。工事前にしっかり確認してカタログなどで間違いがないか調べた方が無難です。

広告1

このような失敗はお客さんにも責任はあります。まかせっきりではいけません。常に工事を監視していなければ防ぐ事ができません。

 

A 床かから水が漏れる

 

これは完全に工事業者が素人です。有り得ない失敗ですが、よく耳にします。排水弁と排水口の繋ぎが正常にやっていないのです。

 

この繋ぎは通常は水道屋が工事するものですが、やっていないということですね。

続きを読む≫ 2016/09/18 10:11:18

私は約1年前に自宅のキッチンをリフォームしました。通常のキッチンのリフォームでしたが、シャワー水栓なのでとても使いやすいです。

 

また、自動食洗付きなので洗い物の時間がとても短縮されて家族と過ごす時間が増えたことがとても嬉しい事です。キッチンは家庭においてとても重要度が占める割合が多いと思います。 特に我が家は何かに付け込んでキッチン周りで集まり会話することが多くあります。

 

旦那さん、長男、長女といったように私が台所で家事をしていると集まってきます。またそれが幸せな時間であります。

 

話は変わりますが面白いテレビ番組がありました。

 

キッチンに満足していない奥さんの家庭は、あまり会話が増えないという調査をやっていましたが大いに分かる気がします。

 

設備が整っていると、今日は何を作ろうか迷って楽しくなったり、新しいお料理に挑戦したくもなりますしね。何はともあれキッチンリフォームは家族にとって幸せな事である事は間違いないでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/13 09:14:13

せっかく楽しみにしていたキッチンをリフォームしたのに失敗しては悲しすぎます・・・・

 

そこで実際にあった失敗例を上げて注意すべきポイントを押さえていってください。

 

 

失敗例 その@   予想以上にリフォーム費用が掛かった

 

リフォームの見積もりを取っていざ工事が始まって、予想していなかった問題が発生して、費用が大幅に超えてオーバーしてしまった・・・

 

広告1

 

アドバイス

キッチンの場所を変える際には、水道配管やガス配管の設置場所を変えなければならない場合がありますが、このリフォーム会社はそれを把握、予想していなくて工事最中に分かったのです。当然水道配管やガス配管の位置を変更させなければなりませんが、費用が追加で発生します。しかし途中でやめるわけにもいかないので、追加費用を承諾して工事を進めた例です。
キッチンのリフォームには思っている以上に複雑です。それは工事内容というか工事業種が沢山あるからです。一口にキッチンの工事をするといっても、大工さん、床職人さん、水道業者さん、ガス業者、キッチン設置業者の5業種ぐらいは必要になってきます。適当なリフォーム会社だとこのような失敗事例が発生する場合は少なくなりません。

 

このような事を回避するためには信頼できるリフォーム会社に工事を依頼する事をオススメします。

 

 

 

 

失敗例 そのA   ゴミ置き場に困る

 

近年ではゴミを分別するのは常識ですよね。可燃ごみ 不燃ゴミ 資源ごみ ビン 缶 と分別をしなければなりません。
カッコ良くキッチンをリフォームして快適なのに分別ごみ箱を設置するスペースを確保するのを忘れてしましました・・・歩く度にゴミ箱をどけている・・・

 

広告1

 

アドバイス

リフォームをする際には、ゴミ箱や水切り棚を置くスペースを考慮しなければなりません。分別ゴミ箱を設置している家庭なら必ずそのスペースを確保して新しいキッチンを設置しましょう!

 

 

 

 

失敗例 そのB   食材が直ぐに傷んでしまう

 

西向きに勝手口のドアや窓が設置してある場所に天板や調理台を西向きにしてしまい、食材が西日にさらされて直ぐに傷んでしまう・・・特に夏場は気温も暑いので危険です。

 

広告1

 

アドバイス

ほとんどの人は、今ある場所に再度キッチンを設置するリフォームをする方が多いのですが、せっかく変えるんだから今までとは違ったキッチンにしたくなりますよね?しかし西側にドアや窓がある配置のキッチンだと注意が必要です!
西側に天板や調理台を設置してしまうと、常にその場所で食材を調理するので西日が当たってすぐに食材が傷んでしまうのです。このような場合は上記のように西側にガスコンロを設置して東側にシンクや調理台を設置するパターンにする方が安全です。

 

 

 

失敗例 そのC   業者の工事が適当で雑

 

 

一昔に流行った、耐震偽造に似ている事例になります。

 

工事費用を少しで安くしたい工事業者は、工事工程を省いてしまう傾向がありませす。

 

キッチンを取りつけるには、キッチン取付業者と大工と水道屋が必要になってきます。

 

この大工と水道屋のどちらかを抜いてしまうのです。抜いてしまうと、専門業者以外が工事を行うと自然と工事が雑になり失敗がでてしますのです。

 

このような事態を避けるにも、工事工程の確認や、工程日にどの業者が工事をするのかを御自身で確認する方が失敗は避ける事ができます。

続きを読む≫ 2015/05/12 13:06:12